老人ホームで楽しい集団生活を送ろう|サポート体制が整っている

女性

請求業務の簡素化

女性

高齢化が進んでいる日本を支えているのが介護業界です。高齢者の快適な生活をサポートするためにいろいろな介護施設が各地でスタッフを募り施設を運営しているのです。そんな介護業界では年々施設の利用者が増え、スタッフ一人あたりの業務負担が大きくなっているのが現状です。スタッフや介護事業者の業務は施設の利用者のサポートだけでなく、事務的な報告も含まれています。介護施設を運営するために、毎月国保連へ介護保険請求を送付しなくてはいけないという決まりがあるのです。その作業は毎月締め日というものが決まっていて、アナログで行なうとかなりの時間をかける大きな作業となってしまうのです。一人一人の利用者の情報を日頃からまとめていたとしても、毎月この作業を締め切りまでに行なうのはとても大変なことです。

毎月の締め切りで慌てたくないという場合に便利なのが、介護伝送ソフトです。介護伝送ソフトというのは各都道府県の国保連へインターネットを使って情報を伝送し請求業務を行なうことができるシステムです。これを介護施設に取り入れることで、国保連への介護保険請求業務の時間を短縮することができるのです。そうすれば、少しは時間に余裕が持てるようになり、他の業務を丁寧に行なえるようになるでしょう。また、伝送ソフトを使うことでアナログと違って情報が管理しやすくなるでしょう。情報の管理がしっかりなされていれば毎月締め切りのときに慌てることもありません。忙しい介護施設は国保連への請求を楽にするためにも伝送ソフトの利用を検討しましょう。