探し方のコツ

女性

未経験からなるには

事務系職種の中でもあこがれを持つ人が多いのが秘書という仕事です。秘書にも様々なものがあり、企業内で幹部の補佐をするもの、医療スタッフを補佐するもの、法律家の補佐をするものなどのバリエーションがあります。一般事務と似たような仕事内容となりますが、少し異なるのが特定の上司につき仕事をサポートすることが多いということです。必ずしもその仕事ばかりではありませんが、たいていはそのような内容が仕事です。秘書として働くには正社員が登用されることが多いのですが、中には派遣社員やパートで働く人もいます。秘書として働くのに特別な資格や学歴などはないのですが、高い事務処理能力とコミュニケーション力、ホスピタリティが求められるため、一般的には能力の高い人が選ばれる傾向にあります。幹部の元につくことも多いため、外部との折衝時に失礼があってはいけないためです。そのため、正社員の中から選ばれるという形が最も多いです。ただ未経験からでもなる道がないわけではありません。いずれ正社員の秘書になりたい場合はまず派遣社員やパートとしてその会社や組織で働くようにし、正社員へのジョブチェンジ後、人事異動などにより秘書になることも可能です。あるいは派遣社員やパートでもできる一般事務に近い秘書の経験を積んでから応募するという手もあります。いずれにせよ、高い能力を持つことが早道であるのは間違いないので、検定試験などを受けて基礎的な知識を得ておくのは重要なことです。

Copyright© 2018 タクシードライバーの年収を調べる【高い給料のところを選ぶ】 All Rights Reserved.