老人ホームで楽しい集団生活を送ろう|サポート体制が整っている

女性

契約のときの注意

手

老後の快適な生活を支援してくれるのが老人ホームです。老人ホームは高齢者や介護の必要な人がスタッフや施設でサポートを受けながら生活できる場所です。手足が不自由になったけど家族に頼りたくないという人や頼れる身内がいないという人が利用することもよくあります。もしも、入居を検討しているのであれば、手続きに時間やお金が必要になるのでなるべく早めに検討するといいでしょう。資料を見ただけで契約してしまうと後悔することがあるので事前に見学や体験入居へ足を運ぶようにしてください。また、家族がいる場合は皆が納得できるよう話し合いの場を持つことも大切です。

見学や体験入居を終え入居する老人ホームを決めたら、いよいよ契約にうつります。契約を行なうときに1番大切なのが本人の意思です。そこへ入居することを本当に納得しているのかどうかで、今後の生活が大きく左右されるからです。もしも、納得がいかないまま入居してしまうとすぐに退去をしたり、入居しても有意義な生活を送ることができなかったりして後悔することになるでしょう。このようなことを避けるためにも、必ず本人の意思を確認しなくてはいけません。老人ホームの契約時には身元保証人や引受人を確認されます。金銭的なことや介護のことで何かある場合、老人ホーム側が親族へ相談したい場合に連絡する相手を決めるのです。また、金銭的なことをサポートする人や健康面、精神面などを親族のなかで誰が責任を追うのか役割を話し合うことも大切です。事前に決めておくことでスムーズに手続きができるでしょう。