電話対応のプロとして働く

オペレーター

需要は拡大の一途

派遣会社に登録しているとさまざまな職種からの求人が寄せられますが、最近その数が増加しているのがコールセンター業務です。コールセンターとは、企業等が設置している電話応対専門の部署のことです。いわゆる「お客様相談室」と呼ばれるものがその代表的な存在です。消費者からの問合せや苦情等の電話に対応し、回答するのが主たる業務です。コールセンターの需要が増加している背景には、企業等が商品やサービスに対する説明責任を重視するようになったということが挙げられます。それと同時に、いわゆるeコマースの発達によって商品等の売り手と買い手が直接顔を合わせる機会が減ったために、顧客サービスを補完する目的で電話対応が増加していることも理由として挙げることができます。実際、最近は問い合わせや苦情処理だけでなく、通信販売の受注などもコールセンターの中心業務になりつつあります。コールセンターは企業等が直接設置する場合もありますが、中心となるのは専門業者へのアウトソーシングです。そして専門業者はオペレーター要員をさらに派遣会社に外注するというのが基本スタイルになっています。そのため、派遣元企業は専門のコールセンター会社であることが一般的です。コールセンターでの派遣業務は、たいていの場合時給制です。忙しい職場ではひっきりにしに電話がかかってくることもあるので仕事はそれなりにハードですが、その分時給は他業種に比べるとやや高めです。

Copyright© 2018 タクシードライバーの年収を調べる【高い給料のところを選ぶ】 All Rights Reserved.